サイドバルブからTWIN CAMまでの エンジン修理
一般修理、カスタム、エンジンチューニング専門店


ご予約・お問い合わせはこちら
神奈川県相模原市緑区 TEL・FAX 042-713-3125   Eメールアドレス :heysmc@live.jp
営業時間 AM11:00~PM7:00 定休日 水曜・木曜日

HOME > RacePerformance


そもそもチューニングとは、同調させるという意味なので、パワーを上げるという意味ではありません。エンジンの持つポテンシャルを最大限引き出すために各々の構成部品を調和させるということになります。

ノーマルのエンジンはカムや圧縮比、インテーク、エキゾーストのバランスがある程度とれていますので、ある意味チューニングされたエンジンということになります。

多くのハーレーのエンジンは、潜在能力が非常に高いので、ノーマルのエンジンであっても、更に多くの混合気をエンジン内に吸い込めるポテンシャルがあります。

良い混合気を多く取り込めれば多くの燃料を燃やすので、パワーが上がるということになります。
口径の大きいキャブレター、排気効率の高いエキゾーストをハイパフォーマンスなものに変えると、単純にパワーがアップするのもその為です。

しかしながら、エンジンには出力特性というものがありまして、混合気をエンジン内に最も効率よく吸い込めるエンジン回転速度域が存在します。
この回転速度域が、トルクが最大になる部分ということになります。

ノーマルのエンジンと、インテーク&エキゾーストをパイパフォーマンスなものに変更したエンジンの出力特性は、ノーマルのエンジンはより低い回転速度域でトルクが最大になる出力特性となり、インテーク&エキゾーストを変更したエンジンはノーマルより高い回転測速度域でトルクが最大になります。
低速での馬力を好む場合は、ノーマルの状態の方が乗りやすいことになります。
マフラーを単純に交換しただけですと、全体のバランスが悪く、トルクの出ない非力なエンジンとなるわけです。

上記のことから、エンジンのチューニングにとって大切なのはバランスということになります。
またあらかじめ、どのような感じで走るのか、パワーはどれくらい必要なのかを見極めてから、パーツの選定とチューニングする必要があります。
IMG_4453.JPG

IMG_3667.JPG
当社ではインジェクションチューニングも行っております。
インテークやエキゾーストを変更した場合や、エンジンの出力アップやアイドリングの回転数の変更等々をお考えの方には非常におすすめです。

テクノリサーチ社のDIRECT LINKを使用して純正のコンピューターのマップを書き換えてチューニングします。

当社ではオートマッピングを ベースにチューニングすることを推奨しております。
エキゾースト パイプにねじ穴(M5)を作り、そこのワイドバンドセンサーを取り付けて空燃比を見ながらチューニングします。チューニングが終わったら、ネジで穴を塞ぎます。
ヒートシールドがついている車両は、シールドでネジが見えなくなるので、全く問題ありませんが、ヒートシールド無しの車両はネジが見えてしまいますので、あらかじめご了承ください。

エンジンのパワーを上げた車両や、レース車両のインジェクションチューニングも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

費用 ¥59,400~
IMG_3666.JPG
18mmワイドバンドセンサーのバングを溶接してセンサーを取り付けることも可能です
IMG_3668.JPG
デュアルモニター付きのAFRモジュールを使用しますので、サイドバルブ~EVOの空燃比の計測可能です。

ヘイズモーターサイクルではサイドバルブからTC96まで様々な車両のチューニングを行っております。
幅広い年式と車種に対応しておりますので、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
どのような車両に仕上げたいか、金額はいくらかという内容でもお気軽にお問い合わせください。

IMG_3664.JPG
キャブレターの取り付けやカム交換からレース車両の製作まで幅広く作業を行っております。

IMG_2767.JPGIMG_1346.JPG
確かな技術で確実に組立てを行っています。
IMG_0724.JPG
シリンダーヘッドの燃焼室加工やポート形状の変更等も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
IMG_3568.JPG
フローベンチを使用してのチューニング
IMG_3602.JPG
エンジンのチューンアップだけでなく、トランスミッションや、足回りのチューニングも承ります。